HAL

Archive for 2月, 2018

最新のX299プラットフォームで超静音ハイスペックトレードマシンを組みました。

by on 2月.12, 2018(月)17:01, under トレード環境

このエントリーをはてなブックマークに追加

3年ごとのトレード環境の更新です。今回は前回ほどの速度低下を感じてはいなかったもののザラバの板状況によってはもっさりして指し負けることが増えてきたので組むことにしました。ビデオの速度が表示に若干影響してるかなと思います。
前回はこちら
最新のX99 Intel Core i7 5820Kで超静音ハイスペックPCを組みました。3年ぶりにメインマシンを更新しました。
前回の更新時のパーツを多く引き継いでいるので感想はそちらをご参考にどうぞ。

トロイの木馬に感染して3年間気が付かずに毎日ネット証券でトレードはするしネットバンキングも使いまくりで後でSecurity Essentialsでトロイが検出されたときはぞっとしましたよ。Security Essentialsだけでは検出が十分でなくセキュリティがゆるゆるだったので組み上げて最初に新規にWindows10をインストールしてウイルス対策ソフトをばっちりインストールしました。今回のコンセプトは出来るだけ手間をかけずに快適に、静音でセキュリティに配慮したサクサク動く自作トレードマシンの制作です。なので前回のようにベンチマークや温度測定などは行いません。前回の経験からオーバークロックなどせず普通に組む分には問題なかろうと思われるからです。どのみちメインマシンとしてはまた3年しか使わないのです。静かでセキュアそれなりの速度が出ていればトレードの支障にはなりません。
 
DSC03084
DSC03090
今回購入した主なものはこちら
ほかにx99の前回メインマシンをサブマシンとして移行するためにケース電源を購入しました。もちろん静音に配慮したパーツを選びました。
CPUクーラーは特筆すべき静音性なので前回と同じものをリピート購入しました。メモリは価格高騰しているのでお得なのを選びました。
CPUとマザーボード、M.2SSD、メモリ、CPUクーラー、ビデオカードを新しくしました。ほかはx99のを引き継ぎました。

CPU: Intel CPU Core i7-7820X 3.6GHz 11Mキャッシュ 8コア/16スレッド LGA2066 BX80673I77820X 【BOX】

M/B: ASUSTeK Intel X299搭載 マザーボード LGA2066対応 PRIME X299-A 【ATX】

CPUクーラー: be quiet! SILENT WINGSテクノロジー搭載サイドフローCPUクーラー DARK ROCK 3 国内正規代理店品

メモリ: Crucial [Micron製Crucialブランド] DDR4 2400 MT/s (PC4-19200) 32GB Kit (8GBx4) ( CL16 DR x8 Unbuffered DIMM 288pin ) BLS4K8G4D240FSA

ビデオカード: NE5105T018G1-1070H (GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX) [PCIExp 4GB] ドスパラWeb限定モデル×2

LANカード: インテル Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT

M.2 SSD: Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2 Type2280 PCIe3.0×4 NVMe1.2 V-NAND搭載 5年保証 日本サムスン正規品 MZ-V6P512B/IT

HDD: WD 内蔵HDD Green 3TB 3.5inch SATA3.0 64MB Inteilipower WD30EZRX-1TBP ×2

【Amazon.co.jp限定】WD 内蔵HDD Green 2TB 3.5inch SATA3.0 64MB Inteilipower WD20EZRX/N (FFP) ×1 

1.5TB×1

電源: センチュリー スーパーフラワー電源 80PLUS PLATINUM認証 750W SF-750P14PE

ケース: Fractal Design ミドルタワーPCケース Define R4 White FD-CS-DEF-R4-WH 日本正規代理店品 CS3971 FD-CA-DEF-R4-WH

OS: Windows 10 Professional 64bit

セキュリティソフト: ESET ファミリー セキュリティ (最新版) | 5台3年版 | カード版 | Win/Mac/Android対応
DSC03097
DSC03094
DSC03086
windows7時ですがM2.SSDのベンチマークです。
2017y10m30d_185138145
cpuは今回松竹梅構成のほかにも選択肢がありました。しかし価格と性能のバランスからいけばi7-7820X 8コア16スレッド28レーンの選択がベストでしょう。
マザーボードはASUSにしてみました。前回MSIでボード交換になったのでここは値段は張るけど信頼のASUSにしておきました。
CPUクーラーはこれしかないですね。ちょっと高いけど静音性は最高レベルです。
M2.SSDはこれからの標準になるでしょう。速度が圧倒的に速いので耐久性等に問題なければEVOでもいいけどPROは5年保証なのでこちらにしました。
メモリは価格上昇が続いているので買えるうちに買うかぎりぎりまで我慢するかのどっちかだと思います。半導体は市況産業なので必ず暴落する時が来ます。
ビデオカードもマイニング需要で高騰してるらしいですがトレードにはそこまでの性能もいらないのでそれよりも静音ファンレスということで一番いいのはこれでした。画面表示のボトルネックはこれで解消されたでしょう。

ビデオーカードの更新とM.2SSDと新しいX299プラットフォームとWindows10のおかげか多重起動のマーケットスピードはサクサク動きます。HYPER SBI カブステも同時起動して問題ありません。
今回も超静音のハイスペックマシンが組めて大満足です。

Leave a Comment more...

ホンダ ジェイドの純正リアサスをYSS ワイエスエス :MONO LINE リアシングルショック 【MZシリーズ】 MZ366に交換しました HONDA JADE

by on 2月.12, 2018(月)14:36, under バイク

このエントリーをはてなブックマークに追加

うちのジェイド、フロントフォークは夏に自分でオーバーホールしたのですがリアサスペンションがへたってオイルが抜けてしまい底つきをしていました。現状すでに新品の純正部品は生産しておらずホンダに在庫はありません。さすがにリアサスペンションを自力でオーバーホールするのはプレス機等の機材が必要なため社外品に交換することにしました。YSS ワイエスエス:MONO LINE リアシングルショック 【MZシリーズ】 MZ366を購入しました。

取付作業
純正リアサスの取り外しはソケットレンチスピンナーハンドルエクステンションバーメガネレンチでできます。止めてるボルトを抜くのに長い貫通マイナスドライバーハンマーでたたいて出しました。センタースタンドを立ててスイングアームをジャッキアップしています。
取付はジャッキアップ状態で純正品の取り付け向きと上下反対の向きでつけます。サービスマニュアルにある規定トルクにトルクレンチで締め付けます。

交換後の感想
交換前はよれよれでフワフワだった足回りがかちっとして本来の走行性能を発揮し止まる曲がる走るときによれません。またチェーンの異音もなくなりました。リアサスの抜けが気になる方はすぐ交換したほうが賢明です。
DSC03146DSC03145DSC03144DSC03143

Leave a Comment more...

ロードバイクにサイクルコンピューターキャットアイ(CAT EYE) ストラーダ スリム [CC-RD310W] を導入してLifeLine – ロードクリップオンマッドガード(泥除け)を取り付けてみた。

by on 2月.11, 2018(日)22:58, under 未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ スリム [CC-RD310W] STRADA SLIM チェレステグリーンです。
最近どうもアマゾンで数量限定の特売で3,500円で売ってる時があるのでそこをうまく狙えばいいのです。商品が届いてすごく小さくて驚きました。無線タイプなので余計な配線は必要ありません。付属のラバーバンドで取り付けます。本体をブラケットでステムに固定します。つぎに前輪を外してロードバイクをひっくり返しセンサー受信部をフロントフォーク内側に本体から60センチ以内に固定します。マグネットをスポークの受信部センサーゾーンとすれすれ(5㎜)のちょうどいい場所につけて取付作業は30分くらいでできました。前輪を回転させると7km/hと表示されました。素人でも普通に取り付けられます。結束バンドタイラップでも固定できるようについてますがラバーバンドのほうが良いので使いませんでした。
使用感
ゴムバンドだけですががっちり固定されていてずれや落下などの不安なく使いやすいです。もし落車などで壊してもラバーバンドのみやセンサーのみパーツで入手できます。難点といえばバックライトはないので暗くなったら光源が必要ですが電池の消耗を控える意味ではこれもありでしょう。本体を押すことでモード操作ができる仕組みです。モード切替にかかわらず走行速度は常に表示されます。モードにはケイディアンスはなく、走行距離2つ、積算距離、走行時間、平均速度、最高速度、時計です。モード長押しで0にもどせます。
使いやすいサイクルコンピューターで必要な機能はすべてついています。重量は50グラムはないと思います。アナログ無線タイプのため1秒程度の走行速度の表示遅延はあります。価格からしても現在の無線タイプのサイクルコンピューターではベストチョイスでしょう。
DSC03159
DSC03164
DSC03167
LifeLine – ロードクリップオンマッドガード (ナロータイプ) 
サイズが2つありますがタイヤサイズに合うやつを選べば700CはOKです。
雨でも雪でも乗るならコンポーネントのグレード下げて105くらいのロードバイクでフル装備の常設の泥除けCrud – RoadRacer Mk3 マッドガードセットを付けて屋外に保管すると思います。あるいはSKS レースブレード ロング ブラック SK-1131または、クリップオンの最高峰SKS レースブレード プロ ホワイト SK-11318いずれもwiggleのほうがamazonより安いです。基本的に雨の中乗らないロードバイクに泥除けはいらないですが雨上がりとか水しぶきの中を走る機会もあるのでクリップオンタイプのマッドガードを、どっちにしろ走行後は洗車しないと室内保管できないですが、あれば使う機会もあるので取り付けてみました。クリップオンなので付け外し自在です。Wiggleで購入しました。調整には手間取りましたね1時間くらい。コツは左右針金部の長さを同じにそろえることです。10㎜のソケットレンチTハンドルがないと厳しいです。タイヤが擦れないように且つクリアランスをなるべく少なく泥除け機能を存分に発揮させるとなるとシビアな調整が求められます。一度調整してしまえば次回からは5分くらいでクリップオンで取り付けできます。値段を考えなければSKS レースブレード プロ ホワイト SK-11318のほうが六角レンチ一本で5分ほどで調整出来てかなり楽です。後輪からシートチューブへの泥が防げないという点ではどちらもフル装備の泥除けには及びませんが。
DSC03168
DSC03172DSC03171DSC03170

Leave a Comment more...

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Copyright©HAL 2018 All Rights Reserved.