HAL

Archive for 3月, 2015

水冷CPUクーラーから水漏れして起動しなくなったサブマシンのCPUクーラーを交換しました。

by on 3月.07, 2015(土)23:11, under 未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも通りマシンを起動トレードを開始して15分ほどたった頃異変が…画面が消えてしまいました。おや?あっ、壊れた。ケースをあけてびっくり水冷CPUクーラーから水漏れが発生していました。
とりあえず水濡れしたマザーボードとビデオカードから出来るだけ水気を拭き取ってドライヤーで乾かし手元にあった空冷CPUクーラーに交換、起動してみた。しかし動きません。
どうもビデオがでない。CPUファンとケースファン回るけどショートしたのかなと持ち前のネガティブ思考でいやな感じがしていたのですが平日は時間が取れずここまで。
041
039
040

先週土曜日
ASROCKのDr. Debug機能でコードが表示されていることに気がつく。クーラーの交換でCPUが抜けかけたかなとCPUとメモリ挿し直したら動きました!
でその後、このAMDのCPUは発熱が大きいからCPUクーラーのファンがうるさいくらい回るということでヒートシンクはそのままでファンのみより静かなものに交換しました。
このCPUファンなかなか静かで風量が大きく気に入ったので紹介しておきます。
今回取り付けたサイズのKABUTOのCPUファンだと最大の1500RPMくらい回って26.5dbになってインテルのCPUならこんなに回らないからすごく静かで交換しなくてもいいのですが、Thermalright のファンは最大1300RPMで21dbとなっていて負荷時1250RPMくらいで回る120㎜の取り付け互換の140㎜のスリーブベアリングファンです。実感としては数値より静かだと感じました。
Thermalright CPUファン TY-140/A

045
044
043

使用していた水冷クーラーとマシンはこちら
マシンを水冷化しました
サブマシンのマザーボードとメモリおよびSSDを交換しました

Leave a Comment more...

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Copyright©HAL 2017 All Rights Reserved.