HAL

マイミクの… と完成度

by on 3月.27, 2008(木)23:51, under 未分類


マイミクのひろぽんがまたおかしくなったので、なんか私もアホなこと書く元気が出てきましたw

完成度の話をすることにします。

いってみれば人間は個においても種においても永遠に未完成なんです。だから今までやってなくて出来ないことでも、これからいくらでもやる機会をもてます。実現可能なことならば。そりゃ逆に出来なくなることもあるし、過去にさかのぼって人生を生きなおすようなことは出来ません。でも永遠に生きるごとく考えて明日死ぬかのごとく生きよですよ。自分は常に不完全で発展途上なものであると認識しましょう。至らぬ者だと。これから壮大に作り上げるのです。

細部にこだわりすぎて豊かな人生を築き上げる妨げとしてはなりません。ある部分を立派にしたからといって他の部分が盤石とはいえないのです。崩れるときは足元から崩れます。心しましょう。

完成度を比べることは出来るか?これは意味のないことだといえるかもしれません。他の人にも同じような部位は見られるでしょう。でもよく比べてみてください。まったく同一のものはありません。またその部位は時によって刻み込まれあなたの人生に不可欠なのです。それなしに今のあなたはありません。あなたを形作るものです。

ところで未完成な作品であるあなたはものの役に立つでしょうか?

このことは実はあまり重要なことではないのです。なぜならあなた自身のために作るのであって他の誰のためでもないからです。自分の満足のいくように手に入る材料で時間の許す限り好きに作ってよいのです。ただし、ここにもトレードオフはあります。何かを得れば何かを失います。得失がつきまとうなんて嫌ですね。かつこの得失ははっきりつかめません。一方しか手に入らないからです。どんなトレードオフが行われているか誰にも正確にはわかりません。これとこれくらいのことは見当がつく場合も多いですが、重要な局面ではまったく想像もつきません。重要かどうかすら意識されないでしょう。自然に行われます。

この部分は不明瞭かと思いますが僕の想像の範囲で述べたいと思います。

一方でとても役に立つ道具があります。今まで他人が築いたものを見ることが出来る、いわば歴史です。直接他人に接することで眺められます。どの部分が立派に作られているか、長所ですね。忘れてならないことは彼らも同じ目的を持っていることです。おそらく満足のいく人生を送ること。あるいは幸福。これは共通しているでしょう。ゆえに気をつけなくてはなりません。与えなくては何も得られません。

あまりに貧弱になってきたので今日はこのくらいにしたいと思います。

いや、また飽きもせず形而上のメタメタなことばかりほざいてますね。

あっちなみに今日もウォーキングしました。疲れた。


Comments are closed.

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Copyright©HAL 2018 All Rights Reserved.